FeedPing

WING DAILY からPINGが送信された記事一覧 (全52件)

    • 三菱日立、バイオジェット燃料プラントを19年度後半試運転

      20年2月に製造量600L、21年2月に7500L生産可能に  三菱日立パワーシステムズは、同社が進めているバイオジェット燃料一貫製造プロセス確立に向けたパイロットプラントについて、基本設計作業を現在 (...続く)

    • エアバス、インディゴ出資4社からA320neoを430機

       カタログ価格で495億ドルの超大型契約に エアバスは11月15日(現地時間)、インディゴが出資する航空会社4社との間で、合計で430機ものA320neoファミリー受注に関する覚書(MoU)を交わした (...続く)

    • 長野県、中長期的に新消防防災ヘリ購入へ

      来春から林野火災消火再開、まずは民間から借上 長野県は、県消防防災航空体制の再構築に向けて、中長期的な課題対応として、新たなヘリコプターの購入に踏み切る方針を固めた。現段階では詳細は決定していないが、 (...続く)

    • 日本の宇宙ビジネス競争力、"宇宙弁護士"育成が鍵

      日本は専門弁護士皆無に近い、宇宙法のインフラ整備必須 東京弁護士会の有志が結成した宇宙部会がこのほど、宇宙ビジネスの活力ある発展に向けて、法律的な見地にたった提言を行った。その提言の中身は、日本のアス (...続く)

    • 政府、米国製装備品あくまで計画どおり購入

      大綱・中期防に基づく取得、BMD能力は抜本的向上へ 日本政府は、米国製の防衛装備品購入について、新たな装備品の追加購入などはせず、あくまで「平成26年度以降に係わる防衛計画の大綱(防衛大綱)」および「 (...続く)

    • ANAHD、ポスト2020へ2月に新中期計画策定

      ハワイ線A380導入へホノルルにラウンジ新設 ANAホールディングスの片野坂真哉社長は11月21日の定例会見で、来年2月をめどに新たな中期経営戦略を策定することを明らかにした。2020年の東京オリンピ (...続く)

    • エアバス、A350-1000の型式証明取得

      EASAとFAAから同時取得、初飛行から一年未満の快挙 エアバスは11月21日(トゥールーズ時間)、A350-1000型機が欧州航空安全庁(EASA)および米連邦航空局(FAA)から、型式証明を取得し (...続く)

    • 防衛省SSA体制確立へ、22年度までにシステム構築

      海自山陽受信所へレーダー設置、運用は府中を計画  防衛省は、宇宙状況監視(SSA)を行なう体制を構築するため、宇宙監視用レーダーと、運用システムの整備を進めて、2022(平成34)年度までを目途に運用 (...続く)

    • ジャムコ、航空機シート受注残数は約2800席に

      エアライン特注品からジャムコ標準座席に軸足シフトへ ジャムコの大喜多治年社長は11月22日、本格参入しておよそ3年半ほど経過したシート事業について、「累計出荷数は約3300席、受注残数は約2800席」 (...続く)

    • バイオジェット品質確認、国内に「専門試験機関ない」

      既存油とブレンド油、当面海外専門機関へ委託視野 石油連盟は、バイオジェット燃料の品質確認体制について、現段階では「石油連盟が確認した限り、NEATバイオジェット燃料油の品質確認と、NEATバイオジェッ (...続く)

    • 川崎重工、成長戦略を発表、来年度は売上減少

      防衛後継機の獲得、民間小型エンジン開発目指す川崎重工はこのほど、中期経営計画「中計2016」の進捗状況と2021年度以降の成長戦略を発表した。当面の2018年度見通しについては、民間航空機などの減少か (...続く)

    • パイロット養成に奨学金制度、私大等6機関参画

      1人500万円を無利子貸与、ANAHD・JALも協力 パイロット養成課程を持つ私立大学などの民間養成機関6機関が、これらの養成課程に通う学生を対象とした無利子貸与型奨学金制度「未来のパイロット」を創設 (...続く)

    • "ミスター・エアバス"、ジョン・リーヒ−氏が退任へ

      生きるレジェンドの後任はエリック・シュルツ氏 "ミスター・エアバス"こと、ジョン・リーヒ−COO(67歳)が、ついにエアバスを去る日が来た。エアバスが11月28日(アムステルダム現地時間)に発表した。 (...続く)

    • オートクレーブのCFRP進化、大量生産・低コスト化対応へ

      重工3社と東レらが研究開発、将来単通路機をターゲットに 三菱重工、川崎重工、SUBARUといった国内機体メーカー3社と、素材メーカーの東レは、オートクレーブを使った新たな炭素繊維複合材の開発に乗り出し (...続く)

    • エアバス/JAL、MR技術で乗員・整備士訓練アプリ開発

      プロトタイプ開発成功、航空業界に浸透するMR技術 エアバスは11月14日、マイクロソフト社の「HoloLens」(ホロレンズ)を使い、複合現実(MR)技術を活用した、A350XWB整備士および乗員訓練 (...続く)

    • 緊迫化する北朝鮮情勢、日本の安全守るBMDシステムとは

      迎撃体制強化、高まる北のミサイル技術対応へ 小野寺五典防衛大臣はここにきて、北朝鮮に関連する問題の今後の見通しとして「万が一、北朝鮮が国際社会の圧力に応じず、核・ミサイルの開発を継続することになれば、 (...続く)

    • NAA、中間期はリテールがけん引し増収増益

      通期は外国人旅客数予想引き下げ、利益予想は引き上げ 成田国際空港会社(NAA)が11月10日に発表した2018年3月期中間期(2017年4〜9月)連結決算は、売上高が前年同期比4.2%増の1131億3 (...続く)

    • 空自、「ニミッツ」と共同訓練、F-15・F-2が参加

      日本海に米空母3隻体制、前日レーガンと実施 航空自衛隊は11月13日、米海軍空母「ニミッツ」と艦艇数隻、F/A-18・3機と共同訓練を実施した。参加したのは空自第5航空団(新田原)のF-15・2機と、 (...続く)

    • 中部空港、中間期は売上高・利益が過去最高

      通期予想は引き下げ、国際線旅客予想下方修正で 中部国際空港会社が11月13日に発表した2018年3月期中間(4~9月)連結決算は、売上高が前年同期比7.3%増の293億9100万円、営業利益が18.7 (...続く)

    • 航空局、部品落下防止で初会合

      17年度内に対策基準案をとりまとめへ 航空機からの部品などの落下が相次いだことを受けて航空局は 11月6日、『落下物防止等に係る総合対策推進会議』(座長:鈴 木真二東京大学工学系研究科教授)の第1回目 (...続く)

    • 空ビル通期予想引き上げ、売上高2190億円、利益103億円に

      好調な第2四半期決算、中間配当・期末配当予想も上方修正 日本空港ビルデングは11月8日、2018年3月 期第2四半期(2017年4~9月)連結業績が好調だったことを受け、通期の業績予想を上方修正した。 (...続く)

    • ボーイング・グローバル・サービス"は如何なる組織か?

      7月発足の新事業部門、ボーイング第2世紀のキーに ボーイングは今年7月、新たな事業部門ボーイング・グローバル・サービス(BGS)を発足した。民間航空機部門、防衛・宇宙・セキュリティ部門に続く3本目の柱 (...続く)

    • ボーイング・グローバル・サービス"は如何なる組織か?

      7月発足の新事業部門、ボーイング第2世紀のキーに ボーイングは今年7月、新たな事業部門ボーイング・グローバル・サービス(BGS)を発足した。民間航空機部門、防衛・宇宙・セキュリティ部門に続く3本目の柱 (...続く)

    • SUBARUの777X工場がそのベールを脱ぐ

      工程繋ぎや部品サプライなど徹底効率化 SUBARUが、777Xプログラム用に建設した半田工場内の新 組立工場。777型機や787型機といったプログラムを通じて 獲得した知見や課題をベースとして、次世代 (...続く)

    • 総務省、5GHz帯無線LAN利用拡大で技術要件案

      上空から動画など大容量伝送、ドローン拡大へ 総務省では、5.2GHz帯や5.6GHz帯といった5GHz帯無線LAN利用拡大に向けた技術的条件案をまとめたことが明らかになった。その技術要件案によれば、5 (...続く)

    • 日英共同の空対空ミサイル研究試作へ

      日本のシーカーと英推進システムを組合わせ 防衛省は、日本の電波目標検知装置(電波シーカー)と、英国が主導 して開発した長射程空対空ミサイル「ミーティア」のダクテッドロケッ トエンジンを組み合わせるとい (...続く)

    • 阪大、高輝度青色半導体レーザーで純銅を3D積層

      世界初の純銅3Dプリンター、航空宇宙などで応用視野 大阪大学は、青色半導体レーザーの高輝度化により純銅を積層造形できる3Dプリンターを開発することに成功した。これは世界初のこと。大阪大学によれば、これ (...続く)

    • エアアジア・ジャパン、運航管理施設検査に合格

      運航管理規程と整備規程も認可、ようやく離陸へ 航空局は10月25日、来る10月29日から運航を開始するエアアジア・ジャパンが、運航管理施設検査に合格したことを発表した。さらに、航空法の運航規程および整 (...続く)

    • 3Dプリンターは世界貿易の脅威?

      2040年に世界貿易の最大40%喪失も 3Dプリンターは、世界貿易の脅威かもしれない---。こ のようなレポートが、オランダを本拠とする大手金融グループ INGによってまとめられた。レポートによれば、 (...続く)

    • ANA、ベトナム航空シェムリアップ線コードシェア

      コードシェア全路線にマイレージ対象を拡大 全日空(ANA)は10月29日から、ベトナム航空 (HVN)のハノイ発シェムリアップ着とシェムリアップ発ホーチ ミンシティ着の2路線をコードシェアリングする。 (...続く)

    • エアアジア・ジャパン、中部-新千歳線運航開始

      フェルナンデスCEO、「日本とアジアの往来活発に」 エアアジア・ジャパンが10月29日、ついに中部- 新千歳線に就航した。本邦LCCとしては、ピーチ・アビエーショ ン、ジェットスター・ジャパン、春秋航 (...続く)

    • 成田空港、高速離脱誘導路整備工事に遅れ

      2020年夏スケでの時間値72回達成目指す 成田国際空港会社(NAA)の松本大樹取締役は、10月 27日の専門紙との定例会見で、成田空港の発着時間値を72回に拡 大することを目的に進めているA・B滑走 (...続く)

    • 宇宙ビジネスコンテスト、大賞にANA松本さん

      宇宙から風を直接観測、飛行経路・高度を最適化 宇宙を活用したビジネスアイデアを競うコンテスト「S-Booster2017」の最終選抜会が10月30日に都内で開かれ、その大賞に個人で応募した全日空(AN (...続く)

    • JAL通期決算を上方修正、売上高1兆3660億円

      第2四半期決算好調、燃油市況前提等引き下げ 日本航空(JAL)は10月31日、2018年度通 期連結業績予想を上方修正すると発表した。売上高を従来予想の 1兆3480億円から1兆3660億円、営業利益 (...続く)

    • ANA中間期、過去最高の増収増益を計上

      国際線好調とピーチ子会社化で特別利益 ANAホールディングスが発表した2017年度中間期 (4-9月)決算は、売上高が前年同期比11.3%増の 9850億円、営業費用が9.4%増の8699億円で、営業 (...続く)

    • エアアジアCEO、中部拠点に「信じられないような就航地へ」

      路線60%は他社未就航のエアアジア、どのような路線描くか エアアジア・グループを率い、先ごろエアアジア・ジャパンを中部 -新千歳線に就航したトニー・フェルナンデス最高経営責任者 (CEO)が本紙のイン (...続く)

    • D-NET、熊本地震で実災害2例目のヘリ活動リアルタイム把握

      消防防災とドクヘリ運航一元管理は初の事例に 宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発を進めている「災害救援航空機情報共有ネットワーク(D-NET)」。総務省消防庁が新しい集中管理型消防防災ヘリコプター動 (...続く)

    • ボーイング、ベトジェットから737MAX200型を100機

      ベトナム航空史上最大の発注に、オバマ大統領ら臨席で調印 ボーイングとベトジェット・アビエーション・ジョイント・ストックカンパニーは5月23日、ボーイングが開発中の737MAX200型機を計100機受発 (...続く)

    • 新関空会社決算、収益20%増、営業利益は34%増

      外国人の大幅増で収益・利益が過去最高に 新関西国際空港会社が発表した2015年度連結決算(2015年4月1日-2016年3月31日)は、関西国際空港で国際線外国人旅客が大幅に伸びるなど、旅客数・発着数 (...続く)

    • ANA、タブレット操作でグローバルカスタマーへ対応

      最大17言語で空港・機内の意思疎通を円滑化 全日空(ANA)は6月1日から、世界各地のグローバルカスタマーや、障がい者とのコミュニケーション支援ツールとして、タブレット端末を利用した「ANAコミュニケ (...続く)

    • JAXA、火星探査用飛行機のモデルを飛行実証へ

      大樹町上空で実施、高度35Kmで火星飛行環境模擬 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、北海道大樹町において、火星探査用飛行機モデルの空力特性などを把握すべく、大気球を高度36キロメートル上空まで上げ、 (...続く)

    • 成田空港、米国線維持増便へ接続利便を強化

      幅広い路線網確保、米国線揃え利便性向上 成田国際空港会社(NAA)の大塚洋取締役は5月27日の会見で、羽田の米国線発着枠が決定したことで、2016年度下期に成田で米国線旅客の減少が見込まれるため、米国 (...続く)

    • エアバス、A320neoの小さな躓きは近く解消へ

      エンジン起動時間改善や油圧温度上限を55度に引き上げも【ハンブルク発:伊藤学】エアバスが開発したベストセラー機、A320neoで発生していた初期段階における小さな“躓き”は、近く解消されることになりそ (...続く)

    • 国交省、東亜建設の施工不良で有識者委員会開催

      石井大臣「けして許されない」、7月末取りまとめへ 国土交通省は5月31日、東亜建設工業による空港・港湾の地盤改良工事の施行不良などが発覚した問題で、第1回目となる有識者委員会を開催して、原因究明および (...続く)

    • 航空インフラ協議会、5ヵ国を重点活動国に

      パラオ・モンゴルで空港運営獲得へ 官民連携によって航空インフラの海外展開に取り組む「航空インフラ国際展開協議会」は6月1日に都内で開かれ、会長を務める新日鐵住金の今井敬名誉会長をはじめ、民間企業73社 (...続く)

    • IHI、実証機エンジンXF5-10に先進材料を適用、飛行実証

      日本単独での戦闘機エンジン開発力実証目指し積極的に研究試作 IHIが防衛省の研究試作により設計製造した初めての純国産超音速エンジンXF5-1を2台搭載した先進技術実証機(X-2)が去る4月22日に初飛 (...続く)

    • 自民党、防衛・技術政策で政府に提言

      戦略策定、司令塔機能強化から産業組織にも言及 自由民主党は先頃、防衛装備・技術政策について政策提言をまとめ、「技術的優越」なくして国民の安全なしとして、技術的優越確保のため、安全保障技術に関して政府全 (...続く)

    • 成田トランジット減少、羽田国際化で競争力低下

      黒黒野氏、成田自由化でエアラインが“稼げる”空港へ 航空政策研究会がこのほど開いたシンポジウムで、同研究会の元理事で運輸政策研究会機構会長の黒野匡彦氏が講演を行った。黒野氏は現在、日本の発展に向けて行 (...続く)

    • 成田で初のLCC北東アジアサミット開催

      夏目NAA社長、訪日拡大へ国内移動の受け皿期待 アジア地区を中心としたLCC各社のトップら約250名が集まる「CAPA LCCs in North Asia Summit」が、6月7日から成田空港周辺 (...続く)

    • 国内LCC4社が語る日本市場、求められる運航品質

      国内需要さらに開拓、今後も続く新規需要の創出 成田で6月7・8日に開かれた「CAPA LCCs in North Asia Summit」で、国内LCC4社およびアマデウスの幹部によるパネルディスカッ (...続く)

    • 地域航空あり方研究会、企業超えた路線維持など検討

      機材・整備など共有を議論、16年内取りまとめへ 航空局は6月9日、「持続可能な地域航空のあり方に関する研究会」を設置して、地方創生および観光立国の推進に寄与する地方航空路線を維持・活性化へ導く方策につ (...続く)