FeedPing

世界で不動産を買おう! からPINGが送信された記事一覧 (全187件)

    • 利回り重視の投資法に伴うデメリット

      ここで安い不動産と私が言うのは、単に価格が安いという意味ではなく、利回り重視の不動産のことです。 アメリカで利回り重視の投資をしていくと、必然的に選ぶ物件が貧しいエリアに近くなっていきます。 貧しいエ (...続く)

    • 不動産投資と性別の関係性

      このグラフはアメリカのものですが、独身男性と独身女性が不動産を購入した後、どれくらいの利益が出たかについての調査結果です。 これによると、両方とも儲かっているものの、独身男性が購入した不動産の方が、多 (...続く)

    • 税理士のほとんどが言わない法人税の節税法

      税理士が言わないのか、それとも知らないのかよくわかりませんが、日本の会社の社長さんたちの中で、節税に困っている人たちが相当数いるようです。 日本国内だけで考えてみると、節税のためにできることには限りが (...続く)

    • アメリカではできるだけ高い不動産を買うべき

      最近、アメリカ不動産投資のノウハウに関する問い合わせが複数来ています。 やはり日本国内の不動産投資に先行きに不安を覚える方はまずはアメリカを考えてみたい、というのは当然だと思います。 問い合わせとして (...続く)

    • 不動産バブルが弾けそうな都市はどこ?

      バブルというのは弾けるまで、バブルだったかどうかは分かりにくいと言われます。 弾けた後に、あれはバブルだったとわかるわけです。 ですから、「バブルがはじけるかも」という予測はあまり、というかほとんど当 (...続く)

    • 融資詐欺に騙されそうになりました、、、

      危うく振り込め詐欺に引っかかるところでした。 これまでは自分には関係ない、と思っていましたが、実際にやられるとなかなか見破れないということが今回、身にしみてわかりました。   還付金詐欺とか (...続く)

    • サプリメントはアメリカから直輸入がお得!

      今日は投資とは関係のない話です。 私は定期的にサプリメントを通販で買うのですが、アメリカから直輸入しているのです。 なぜかというと、単純に価格が安いからです。 私がいつも買っているのはこちらの会社です (...続く)

    • アメリカ不動産は日本法人名義で買うべきではない

      アメリカ不動産の購入形式は大きく分けて3つに分けられます。 個人名義での購入 日本法人名義での購入 アメリカで法人を設立して購入   アメリカで不動産を買われる方の多くは節税目的を兼ねていま (...続く)

    • 静かに増え続けるロシアへの不動産投資

      日本ではほとんど話題にならないロシア不動産投資ですが、他国の投資家たちはやはり静かに買っています。 前年比で二倍以上の投資金額がロシアの不動産市場に海外から流入しているそうです。 トランプ大統領も選挙 (...続く)

    • 詐欺師の手口を知ることは投資上達の近道

      私の知り合いの投資家で詐欺師と分かっていながら、平気な顔をして付き合っている人がいます。 私も、ご一緒したことがありますが、そんな彼はただ一言だけ「この人の案件はやらないでね」と言います。 もちろん会 (...続く)

    • 金持ちになるのに孤独力は必要なのか?

      少し前から孤独力を磨けとか孤独を恐れるな、みたいな本や記事を最近、多く見かけるようになりました。 今の世の中、孤独な人が多いのかもしれませんが、逆にそれを生かして自分を強くしなさい、といった考え方には (...続く)

    • なぜ多くの評論家たちがビットコインを投資ではないというのか?

      金融の専門家たちの考えが学べるFinancial Poinerにビットコイン関する記事が出ていました。 なぜ金融界の有名人やプロが仮想通貨やビットコインに否定的なのか、その理由が分析されていました。 (...続く)

    • モスクワのコンドをバケレンで運用開始!

      新しいモスクワのコンドミニアムのバケレンでの運用を開始しました。 モスクワは外国人投資家があまり参入していない数少ない都市のひとつで、参入障壁は高いものの、不動産投資の条件がそろっています。 ロシア不 (...続く)

    • 2018年のシカゴ不動産市場予測 

      早くも来年の不動産市場の予測が出てきました。 シカゴに関していえば、来年度は10%の上昇を見込んでいるそうです。 イリノイ州の財政などの不安定要素はあるものの、雇用の増加は順調で、先回のバブル時期を2 (...続く)

    • ニュージーランドの不動産バブルは弾けたのか?

      ニュージーランドの不動産バブルが弾けたかもしれません。 報道によると、不動産の売り上げが急激に下落しています。 価格は昨年比でまだ上昇していますが、売れなくなると価格も落ちていくと思われます。 もしか (...続く)

    • 私が事業投資をやらない理由

      投資をしていると当然、いろいろな案件を勧められるわけですが、一定の割合で事業への投資案件が含まれてきます。 しかし私は基本、他人の事業にはあまり投資しないことに決めています。 特定のビジネスの分野での (...続く)

    • 投資信託の販売員の本音とは?

      投資で成功するためには、いろいろな角度からものを考えなくてはなりません。 通常は投資する側からしか考えませんが、販売員の側、そしてその裏にはだれがいて、どこに資金が入り、どうやって運用されていくのかま (...続く)

    • 洗練された投資家になるためには、ドューデリの方法を知らなければいけません。

      ここのところかなりの大型案件が複数、入ってきています。 一発当たれば、もう人生上がりというような案件です。 普通で考えればどうみても怪しいものもありますが、詐欺だと決めつける前に、必ずドューデリをする (...続く)

    • 香港のフードコートでグルメを堪能

      香港で人と会うときは、どちらかというと高い店に行くことも多いのですが、一人の時は気軽にモール内のフードコートに行きます。 香港のいいところは安い店でも非常においしいことです。 お金のことだけを考えると (...続く)

    • 香港島スタンレーへのショートトリップ

      今回、香港には融資を実行するためにきています。 「なんで香港で」と思われるかもしれませんが、かなり特殊な融資のスキームで、これができれば加速的な資産構築が可能になります。 それについてはまず確認が取れ (...続く)

    • 香港のホテルの選び方

      香港に来ています。 香港でいつも迷うのはホテル探しです。香港という土地柄、値段は高めで、部屋が狭いホテルが非常に多いのです。 特に香港の繁華街近くに泊まると部屋の大きさが10平米しかないということが実 (...続く)

    • 仮想通貨の取引をする人は「間抜け」だそうです。

      ニュースからの引用です。   米大手銀JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は12日、仮想通貨ビットコインは「詐欺であり、崩壊する」と語った。同氏の発言を受け、 (...続く)

    • 現在進行中のフリップ案件

      現在、進行中のシカゴフリップ案件です。 物件によって、早く終わるものと終わらないものがありますが、この物件は補修が軽微だったため、あと10日ほどで販売を開始できそうなところまで来ています。 こちらでは (...続く)

    • 神田の立ち飲み酒屋に行きました。

      昨日は秋葉原でFPの方と投資家の方と打合せをしていましたが、近くで美味い日本酒が立ち飲みできる酒屋があるというので、みんなで行ってみました。 行ったのは『和酒や』という名の酒屋です。   和 (...続く)

    • ビットコインによる利益は雑所得

      私はあくまでも投資ではなく、投機に近いものだと思っているので、関係がないのですが、 国税局でビットコインの取引で出た収益に関する税法上の取り扱いに関する指針が発表されました。 内容は以下となっています (...続く)

    • アメリカ不動産はまだまだあがるのか? 専門家たちの予想

      不動産専門家114人を対象にした調査が行われ、今後のアメリカ不動産価格の関する予想が行われました。 このグラフはどれくらい上がるかに関する予想で、緑線が強気な予想、赤線は弱気な予想です。 以前にもまし (...続く)

    • パタヤのバケレン運用は失敗でした、、、

      今年に入ってから、パタヤのコンドミニアムをバケレンで運用しようとしてきましたが、どうやら失敗だったようです。 管理体制を変えてからは、最初のうちはぼちぼちと短期で借り手が見つかりましたが、ここ4-5カ (...続く)

    • 海外の移住先と資産分散の重要性

      日本はこれまで戦後平和な時期が続いてきましたから、海外への移住について検討するとしても、それは可能性を試したいから、とかその国が好きだからといった理由で、海外に行く人がほとんどでした。 しかし一歩海外 (...続く)

    • 「絶対に儲かる」と言われたら?

      週刊現代の記事で参考になる話が出ていました。 サブリースで絶対に儲かる、買い戻し保証付きだとセールスマンはいい、また銀行もグルになって、資産運用の初心者を騙す様子が説明されています。 絶対儲かるといわ (...続く)

    • 今のアメリカ不動産はバブルなのか? バフェット

      今日は記事からの引用です。今のアメリカ経済がバブルかどうかはよく議論になるところですが、               バフェットがそれについてのインタビューに答えました。   オマハの賢人ウ (...続く)

    • なぜバングラディッシュではランドバンキングがいいのか?

      バングラディッシュに何回か訪問し、不動産を視察して感じたことです。   海外で投資やビジネスをすると経験することですが、日本のようには物事が進まない場合がほとんどです。 スタッフに仕事を頼ん (...続く)

    • ポジショントークには要注意!

      最近は日本国内の不動産価格が下落するのではないかとという予測が広まっています。 そのため日本国内の不動産業者やコンサルタントはセールスに必死なようです。   数日前に「もしこれから下がるとし (...続く)

    • 外国人投資家と実需の動向 シカゴ

      アメリカで不動産を投資する目的はいろいろとありますが、少なくとも中国人投資家にとって、シカゴは魅力的には映らないようです。ただ中国人投資家の動向は不動産価格にもかなり影響を与えると思います。国によって (...続く)

    • バングラディッシュ不動産市場の動向

      ネット上にあまり情報がないのですが、見つかったものをシェアしたいと思います。 毎年、バングラディッシュ、特にダッカの不動産市場は上がっています。 まずはこちら。これは国のGDPの成長と不動産市場の成長 (...続く)

    • 外国人でもバングラディッシュで土地を買えるのか?

      アジアの多くの国では外国人による不動産の購入に規制があります。 建物は買えても土地は買えないとか、コンドミニアムを購入するのに外国人とローカルの人の比率が決まっていたり、自国民を優遇する政策を導入して (...続く)

    • バンコクの夜景

      バンコクのホテルの部屋から見た夜景です。 日本に帰国する前にフライトが早朝のため、一晩だけバンコクに立ち寄りました。 バンコクは相変わらず建設ラッシュですが、夕方に建物を見てみると、実際の入居率はかな (...続く)

    • アメリカ不動産管理会社の紹介は終了いたしました

      これまでの間、試験的に行っていたアメリカ不動産の管理会社の紹介サービスですが、終了することといたしました。 終了する理由といたしましては、以下の理由があります。   管理会社の移管を希望され (...続く)

    • 魚を釣りたければ、魚がいるところに行きなさい。

      海外をいつも視察していて思うのですが、世界では経済成長が激しいところがいくつもあります。 同じビジネスをするにしても、国や場所が違うだけで結果が全く異なります。 日本の中だけにいると非常にわかりにくい (...続く)

    • パタヤのライブミュージックバー Hot Tuna Bar

      バングラディッシュには日本からの直行便がないので、今回はバンコク経由で行きましたが、帰りに少しだけタイで休むことにしました。 私はバンコクではなく、少しだけ足を延ばしてパタヤでゆっくりしています。 パ (...続く)

    • 仮想通貨ブームは注意をそらすための手段かも.....

      最近の仮想通貨ブームにはすごいものがありますね。 ビットコインが最高値を更新とか、次々といろいろな仮想通貨が出てきたりして、あとこれまで投資などしてこなかった人たちまで次々と参入しています。 一般の人 (...続く)

    • チャイナマネーとアメリカ不動産

      相変わらず中国人がアメリカで不動産を買いまくっているようです。昨年比の40%増とのことです。 中国人がアメリカで不動産を買う一番の理由は子供の教育とのことで、学校の質に比べ不動産価格が割安なところが選 (...続く)

    • バンコクのホテル PARINDA HOTEL

      バングラディッシュの出張も終え、バンコクに戻ってきました。 アジアのホテルにはよく泊まる機会がありますが、他の国に比べ、経年劣化が激しいのと、おそらく中国人旅行客が多いとすぐに一無傾向があるのではない (...続く)

    • 次々と投資案件を出してくる人は怪しいかも、、、、、、

      投資というのは何をやるかも大事ですが、だれとやるかのほうがもっと大切です。 私は投資案件というのは仕組みが2割、あとは人が8割だと思っています。 案件を成功させるのも人、飛ばすのも人だと思っています。 (...続く)

    • バングラディッシュのビジネスにはかなりの可能性を感じる

      バングラディッシュは経済成長率も高く、人口が非常に多いだけでなく、富裕層もかなり住んでいます。 実際に訪問するとわかるのですが、日本に普通にあるモノやサービスがほぼ皆無といってよいと思います。ただほか (...続く)

    • 金のない人に限ってリスクを取りたがる

      近頃の仮想通貨ブーム。私ははっきり言って冷めた目で見ています。 一攫千金を狙う投資初心者とそこに詐欺師が入り乱れた投機市場としか思えないのです。 実際、仮想通貨詐欺でお金を失う人が非常に多いです。 例 (...続く)

    • モスクワのコンドミニアムの内装工事が進んでいます。

      少し前にブログで書いたモスクワのコンドミニアム。 海外不動産の中でも日本ではマイナーなので、ほとんど私一人の趣味と化していますが、不動産のマーケットがよいので、かなり気に入っています。 大丈夫かな、と (...続く)

    • 体当たりしてくるバス

      バングラディッシュの記事が続いていますが、不動産の話ばかりなので、今日は少し違う話を書きます。 大した観光資源もなく、環境も悪いので、よっぽど用事がない限りバングラディッシュに行くこともないと思います (...続く)

    • 不動産は価格ではなく、価値で判断すべき

      まだ、バングラディッシュのランドバンキングの話です。 不動産はもともと高いものだけに、特に投資家であれば安いものを買おうという衝動に駆られるのが普通です。 ただ日本であれば、長年住んでいて、不動産の価 (...続く)

    • バングラディッシュでのお勧めの投資法 - ランドバンキング

      狭い国土に多い人口、そして急速な経済成長。この国には不動産が高騰する要素がすべてそろっています。 それが分かっているので、この国の富裕層の人たちは例外なく不動産を買っています。 しかし外国人が投資する (...続く)

    • バングラディッシュ不動産は隠れた狙い目

      最近はアジア新興国の中でも、これまではあまり注目されてこなかった国に日本でも注目されるようなってきています。 ベトナムやカンボジアでも買う日本人の投資家が増えているようですが、それはやはりいろいろな国 (...続く)

    • バングラディッシュにやってきました

      昨夜、バングラディッシュのダッカに到着しました。 この国に来るのはこれで二回目ですが、ほかのどの国とも違いかなり異様な雰囲気です。 アジア最貧国だからこんなものだと思いながら、空港のドアを出ると、フェ (...続く)

    • アメリカの不動産投資家は今のマーケットをどう思っているのか?

      アメリカの不動産投資家複数にインタービューした最近の記事がありましたので、のせたいと思います。 もっと多くの不動産投資家が今はピークだと感じるようになっているようです。 ご注目いただきたいのが、このグ (...続く)

    • アジア新興国はみな同じ道筋を辿る

      今、バンコクに来ています。 バングラに行く前にすこし商談があり、数日間だけですが滞在しています。 バンコクに来て思うのが、この国は来るたびに発展しているということです。 人々はリッチになり、街を走る高 (...続く)

    • 上下を繰り返しながら、上がっていく不動産市場

      シカゴの不動産市場のことがニュースになっていました。 販売数月期によってばらつきがあるようです。 しかし同じ記事に統計が出ていましたが、ご覧いただくと分かる通り、マーケットは上下を繰り返しながら一定方 (...続く)

    • 私が狙っている国。それはバングラディッシュ。

      バングラディッシュは普通は旅行で行くような国ではありません。テロで日本人も殺されましたし、治安が良いとは決して言えません。 アジアの最貧国で、人々は非常に貧しい暮らしをしています。賃金は非常に安く月給 (...続く)

    • 移民と不動産価格の関係

      世界中には移民政策をとっている国はたくさんあります。 アメリカはもちろん移民の国ですが、それ以外でもカナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどが有名です。 こうした国々では移民といっても、難民を受け (...続く)

    • アジアではランドバンキングを狙うべき

      海外投資の中でもアジア新興国投資はなかなかうまくいきにくい部類に入ります。 理由はいろいろあります。 マーケットが成熟していない、法整備が整っていない、供給過多になりがちである、などなど。 仮に建物を (...続く)

    • サラリーマンは投資を始める前に、まず副業を始めるべき

      まずこれは私が見た一般的な傾向の観察に基づくもので、個別では違う人もいるということをお断りしたいと思います。 日常的に投資をしたいという人とよく会うのですが、経営者とサラリーマンではお金に対する態度、 (...続く)

    • 管理会社とのトラブルを抱えている方たちへ、、、、

      最近、数人の方たちから質問を受けましたので、後学のために記事にします。 程度に差はありますが、大抵はアメリカ不動産の管理体制の問題への対処法です。 例えば、数日前に以下のメールを受け取りました。 &# (...続く)

    • 長期積立は本当に儲からない、、、、、

      先日、IFAから連絡が来ました。私は数本、長期積み立てをしているのですが、最初に始めたものが満期になったとの連絡でした。   私は中身がよく変わらなかったので、短めの5年契約にしました。 エ (...続く)

    • なぜ今、世界中の投資家がアメリカに向かうのか?

      不動産価格がバブルなのかどうか、ということについては賛否両論があります。 私の個人的な意見では、アメリカ不動産はまだ上がり始めたばかり、また上昇余地がかなり残されていると思っています。 なぜかというと (...続く)

    • オーストラリアの不動産バブルはそろそろ弾けるのか?

      オーストラリアの不動産バブルがかなり危ない領域に入ってきたようです。 UBS銀行によりますと、オーストラリアの不動産価格は「警報を鳴らす」レベルだとのこと。 オーストラリア人は現在、収入の32%をロー (...続く)

    • 次のフリップ物件と自己資金300万円から始める利回り30%のシカゴ不動産セミナー!

      またシカゴのフリップ物件をゲットしました。 今度の中が比較的きれいなので、修理にそこまで時間がかからず、3か月くらいでフリップが完了するのではないかと予想しています。 大抵は全補修が必要なのですが、た (...続く)

    • 昨日はアメリカ不動産開発セミナーでした

      初の試みとして、昨日はアメリカ不動産開発セミナーをやってみました。 参加者は一億円以上投資が可能な方のみとさせていただいたので、少人数のセミナーでした。   普段はなかなか知らないアメリカの (...続く)

    • この世の中に元本保証というものは存在しない

      先日、ある方から質問を受けました。「この投資案件の元本保証ではないのですか」と、、、、一瞬、どう答えようかと考えてしまいました。 金融に詳しい方なら、だれでも知っていますが、そんなものは存在しませんし (...続く)

    • ジム・ロジャーズ:ロシア、ロシア、ロシア

      日本人はロシアのことをほとんど知りません。それは日本だけではありません。 ほとんどの国の人はロシアに何があるのか知りません。注目されていないからこそ、過小評価されている投資機会があるわけです。 � (...続く)

    • シカゴでの太陽光発電は意味があるか?

      シカゴに行くと分かりますが、日本のように太陽光が普及していません。というかほとんど見かけません。 しかし、最近では太陽光を設置する家が出始めています。しかも太陽光を設置している家が高く売れているのです (...続く)

    • ウクライナの不動産投資はリスク90%以上らしい、、、、

      通貨グリブナの下落と不動産価格の下落で、格安で不動産を買えるとして一部で人気になっていたウクライナの不動産ですが、 どうやら買った人のほとんどは失敗しているらしいです。そのため最近では買う人もさらに減 (...続く)

    • 国内不動産に1億使うくらいなら、アメリカ不動産開発をした方がいい

      今週末のセミナーの準備をしているところです。   資金が一億円以上ということで、当てはまる人が少ないのですが、本当に儲かる不動産の「インサイダー」になるセミナーです。 利回り70%-100% (...続く)

    • 金持ちになるネタは身の回りに転がっているもの

      私が常々、人と話していて思うことがあります。 経済的に成功していない人の共通点として、金持ちになる秘訣やネタを自分は持っていないと思い込んでいることです。 そしてノウハウ本やセミナーでも、「あなたが知 (...続く)

    • 外国人によるアメリカ不動産投資が増加している

      絶好調を続けるアメリカ不動産ですが、もっと上がると考えている外国人が買いまくっているようです。 2009年以来の最高額に達していて、昨年比の49%増となっています。 不動産価格が上がりすぎて買えなくな (...続く)

    • 物件を見ないで買い付けを入れる人が増えているらしい.....

      FORBESの記事によると3人に1人は物件を見ないで買い付けを入れているそうです。 1 In 3 Homebuyers Made An Offer On A Home Sight-Unseen � (...続く)

    • アマゾンがアメリカで不動産業に進出するらしい?

      アメリカのアマゾンが不動産業に進出するらしい、という報道が出ています。 ホームページに新たなセクションができました。   Home and Business Services   (...続く)

    • あなたは資産を本当に分散していますか?

      投資において分散、分散とよく言われますが、私が見ている限り本当に分散している人はごくわずかです。   例えばよくあるパターンは日本で不動産、株、債券に分散投資している、といったパターンです。 (...続く)

    • 3000円の個人コンサルでできること。

      昨日は個人面談でした。私が日本にいるときだけ行っている海外投資の個人面談。かなり不定期です。 お客様から頂いているのは3000円で、そこにはお茶代が含まれているので、実質交通費を払うと消えてしまうくら (...続く)

    • 海外不動産の分散のし過ぎにご注意ください。

      時々、お会いする人の中で、世界各国に不動産を持っているという人がいます。 世界の5か国で不動産を持つグローバル大家などという人もいますし、アメリカでもいろいろな都市で物件を一つずつ買いたいという人もあ (...続く)

    • 本当に儲かる案件は体裁が悪い

      先日、日ごろから懇意にしている方と情報交換をしました。 この方は非常に優秀であるだけでなく、人格的にも信頼性があるので非常に人脈の広い方です。 このような方のところにいろいろな情報が集まるのは当然とも (...続く)

    • 銀座の渋いカフェ  アクアリウム at ALFRED DUNHILL

      打ち合わせに指定されたのがこのカフェでした。 名前がダンヒルだったので、期待しながら行ってみると本当に銀座のダンヒルの店の中にバーとカフェがありました。 店に入り、そのまま階段を上っていくと2階にバー (...続く)

    • 次のフリップ物件をゲット!

      次のフリップ物件を買うことになりました。 今度はシカゴ市内の物件です。かなりポテンシャルがありそうです。概算ですが、フリップ後のトータル利益は20万ドルくらいになりそうです。 明日のブログでこの物件が (...続く)

    • 今回のフリップ物件のスタイルはこんな感じ!

      昨日お見せした今回のフリップ物件。 すでにデザイナーが構想をあげてきました。ただ適当に直すだけでなく、上質な補修をするためにはデザイナーの協力が欠かせません。 それは可能な限りの高値でしかも早く売却で (...続く)

    • アメリカの賃貸ニーズの拡大が1965年以降、最大へ

      アメリカのニュースです。 報道によると、アメリカの賃貸市場は拡大を続けていて、1965年以来、最大になったそうです。 1996年には全体の37%の家庭が賃貸をしていたようですが、その後、いったん下落し (...続く)

    • アメリカの不動産管理会社を変えればトラブルは解決されるのか?

      週末に行われたセミナーでは、すでにアメリカに不動産をお持ちの方がおられ、相談を受けました。 アメリカ不動産を買われる方に共通するトラブルを皆さん、経験しておられ、どうしたらよいかという話でした。アメリ (...続く)

    • 戦争と経済危機とお金..........ベネズエラ投資

      ある投資顧問の方が書いていましたが、アメリカが南米の国に手を出しています。 5-8年後に必ず原油が値上がりするとアメリカ政府は見ているようです。 例えば…..   キューバ→将来 (...続く)

    • 仮想通貨イーサリウムが急落!?

      ニュースからの引用です。 瞬間的に99.97%の価値が消えた――。インターネット上でやりとりされる仮想通貨を「フラッシュクラッシュ」(瞬時の急落)が襲った。事が起きたのは米東部時間21日の15時半。取 (...続く)

    • 加熱した不動産市場で儲ける具体的な方法 フリッパーになる

      昨日の続きです。 加熱した不動産市場で売り側に回る方法で手軽なものはフリッパーになることです。 フリッパーとは格安で補修が必要な不動産を購入、補修し転売する人たちのことです。 フリッパーになるには主に (...続く)

    • 加熱した不動産のマーケットでの儲け方とは?

      昨日も書きましたが、不動産は価格ではなく価値で買うものです。ですから値段が上がっているから、というだけの理由で買うのは愚かです。 投資の基本は安く買って、高く売る。これができなければ、うまくいきません (...続く)

    • 加熱した不動産市場で儲ける具体的な方法 デベになる

      今の過熱したマーケットでは売り側回った方が儲かります。 逆に買う側に回る場合、よく注意しないと高値掴みさせられます。特に最近は全く経験のない投資家もたくさん参入してきていますので、そういう人たちを相手 (...続く)

    • 加熱したマーケットでの儲け方とは?

      昨日も書きましたが、不動産は価格ではなく価値で買うものです。ですから値段が上がっているから、というだけの理由で買うのは愚かです。 投資の基本は安く買って、高く売る。これができなければ、うまくいきません (...続く)

    • ウクライナのキエフは今からがねらい目か

      日本ではほとんど話題になりませんが、ウクライナのキエフは不動産の買い時を迎えています。 海外不動産投資はハードルが高いものですが、戦争をしている国だとそのハードルはもっと高くなります。 しかし、投資経 (...続く)

    • 仮想通貨案件からは早めに逃げたほうがいい理由

      ビットコインの価格が急落しているようです。これまで価格上昇を続けてきましたが、ここにきて一気に下落したようです。 この先、どうなるかはわかりませんが、今後も荒い値動きになることだけは間違いなさそうです (...続く)

    • 利回り30% シカゴフリップ物件 完成後の写真

      小資本からできて、高利回り(30%)のシカゴフリップ案件ですが、こちらは修理完了後の写真です。 売れゆきを良くし、しかも近隣の物件の差別化を図るため、補修に一切の妥協を許さないのは当然、写真にも細心の (...続く)

    • 利回り30% シカゴ フリップ案件の修理前の写真

      シカゴのパートナーから連絡があり、今手がけている物件の修理が完了し、明日から売りに出すことになりました。 不動産エージェントに見せたところ、これなら数日で売れるだろうというお墨付きを頂きました。 修理 (...続く)

    • アメリカ不動産はいつも上がり続けるというのは本当か?

      アメリカ人はよく不動産価格は上がり続けると信じています。 バブル後の長い低迷を見てきた日本人としてはにわかに信じがたいのですが、調べてみるとあながちウソではないようです。 上のグラフは1982年から2 (...続く)

    • ウォーレン・バフェットとのランチ

      皆さんはどう思われますか? 高すぎると思いますか?   以下はニュースからの引用。   「米著名投資家ウォーレン・バフェット氏と昼食を共にする権利がオークションで、260万ドル(約 (...続く)

    • 苦戦が続くパタヤのコンドミニアム

      買ってからというものずっと苦戦が続いているパタヤのコンドミニアムの続報です。 通常の賃貸で空室が長期間続き、マイナスのキャッシュフローが続いている状態にしびれを切らし、半年ほど前にバケレンでの運用に切 (...続く)

    • 不動産マーケットの回復が遅れがちな都市は?

      アメリカといっても広い国なので、都市によって不動産事情が異なります。 今は全米どこを見ても不動産価格は上昇していますが、それでもその程度にはばらつきがあります。 投資メインで考えるのであれば、すでに加 (...続く)

    • アメリカは都市によって郊外型と都心型に分かれている

      アメリカといっても大きな国なので、都市によってトレンドが違います。 アメリカの場合、多くの都市では中心部は込みすぎていたり、治安が悪化するため、人々は郊外に引っ越していくパターンの都市が多いですが、 (...続く)