ログろいど | PING送信! 無料で160以上のサイトにPINGを送信【 FeedPing.net 】

ログろいどからPINGが送信された記事一覧 (全164件)

Androidアプリの開発、セール情報、レビュー、Android のTips、ニュース等を発信しています

削除通知

平成28年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問14

プライバシバイデザイン(Privacy by Design)の説明はどれか。 製品の開発工程で、利用者の個人所い方が漏えいした場合に発見する方策を用意しておくこと 製品の設計工程で、利用者の個人 (...続く)

平成28年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問15

グリーン購入法において、❝環境物品等❞として規定されているものはどれか。 ISO14001を認証取得した企業が製造又は提供する製品・サービス IT活用による省エネなど、グリーンITに関わる製品・ (...続く)

平成28年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問16

❝情報システム・モデル取引・契約書❞によれば、ユーザ(取得者)とベンダ(供給者)間で請負型の契約が適切であるとされるフェーズはどれか。 システム化計画フェーズから導入・受入支援フェーズまで 要件 (...続く)

平成28年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問17

エンタープライズアーキテクチャ(EA)における、ビジネスアーキテクチャの成果物である機能情報関連図(DFD)を説明したものはどれか。 業務・システムの処理過程において、情報システム間でやりとりされ (...続く)

平成28年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問18

RAID 1~5の方式の違いは、何に基づいているか。 構成する磁気ディスク装置のアクセス性能 コンピュータ本体とのインタフェースの違い 磁気ディスク装置の信頼性を示すMTBFの値 データ及び (...続く)

平成28年 秋期 応用情報技術者 午前 問67

ベンチマーキングを説明したものはどれか。 企業内に散在している知識を共有化し、全体の問題解決力を高める経営を行う。 迅速な意思決定のために、組織の階層をできるだけ少なくしたフラット型の組織構造に (...続く)

平成28年 秋期 応用情報技術者 午前 問68

アンゾフが提唱する成長マトリクスを説明したものはどれか。 自社の強みと弱み、市場における機会と脅威を、分類ごとに列挙して、事業戦略における企業の環境分析を行う。 製品と市場の視点から、事業拡大の (...続く)

平成28年 秋期 応用情報技術者 午前 問71

ある期間の生産計画において、図の部品表で表される製品Aの需要値が10個であるとき、部品Dの正味所要量は何個か。 ここで、ユニットBの在庫残が5個、部品Dの在庫残が25個あり、ほかの在庫残、市掛残、注文 (...続く)

平成28年 秋期 応用情報技術者 午前 問75

故障率曲線において、図中のAの期間に実施すべきことはどれか。 設計段階では予想できなかった設計ミス、生産工程では発見できなかった欠陥などによって故障が発生するので、出荷前に試運転を行う。 対象の (...続く)

平成28年 秋期 応用情報技術者 午前 問78

日本において、産業財産権と総称される4つの権利はどれか。 意匠権、実用新案権、商標権、特許権 意匠権、実用新案権、著作権、特許権 意匠権、商標権、著作権、特許権 実用新案権、商標権、著作権、 (...続く)

平成28年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問1

JIS X 0160 で規定しているテクニカルプロセスにおける、システム要求事項分析プロセスの成果はどれか。 システムの要素を識別し、定義された要求事項を満たすシステム方式設計が定義されている。 (...続く)

平成28年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問2

共通フレームにおけるシステム方式設計プロセスで文書化する項目として、適切なものはどれか。 システム移行の移行要件 システム構成要件 システムの機能及び能力 システム方式及び品目に割り当てたシ (...続く)

平成28年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問3

DFDで用いられる図形要素を列記したものはどれか。 関連、実体、データストア 関連、データストア、データフロー 源泉と吸収、実体、プロセス 源泉と吸収、データフロー、プロセス解法データフロー (...続く)

平成28年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問4

並列に動作する事象間の同期を表現することが可能な、ソフトウェアの要求モデルはどれか。 E-Rモデル データフローモデル ペトリネットモデル 有限状態機械モデル解法ペトリネットペトリネットは、 (...続く)

平成28年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問5

論理データモデル作成におけるトップダウンアプローチ、ボトムアップアプローチに関する記述として、適切なものはどれか。 トップダウンアプローチでは、新規システムの利用者要求だけに基づいて論理データモデ (...続く)

平成28年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問6

図は、デマルコが提唱している構造化技法を基本としたシステム開発プロジェクトのライフサイクルを表現したものである。 図中の a に入れる適切なフェーズはどれか。 機能設計 構造化設計 プログラム (...続く)

平成28年 秋期 応用情報技術者 午前 問41

アクセス制御に用いる認証デバイスの特徴に関する記述のうち、適切なものはどれか。 USBメモリにディジタル証明書を組み込み、認証デバイスとする場合は、利用するPCのMACアドレスを組み込む必要がある (...続く)

平成28年 秋期 応用情報技術者 午前 問42

OpenPGP や S/MIME において用いられるハイブリッド暗号方式の特徴はどれか。 暗号通信方式として IPsec と TLS を選択可能にすることによって利用者の利便性を高める 公開鍵暗 (...続く)

平成28年 秋期 応用情報技術者 午前 問46

UMLのユースケース図の説明はどれか。 外部からのトリガに応じて、オブジェクトの状態がどのように遷移するかを表現している。 クラスと関連から構成され、システムの静的な構造を表現している。 シス (...続く)

平成28年 秋期 応用情報技術者 午前 問50

自社開発したソフトウェアの他社への使用許諾に関する説明として、適切なものはどれか。 使用許諾対象が特許で保護された技術を使ってないソフトウェアであっても、使用許諾することは可能である 既に自社の (...続く)