ログろいど | PING送信! 無料で160以上のサイトにPINGを送信【 FeedPing.net 】

ログろいどからPINGが送信された記事一覧 (全204件)

Androidアプリの開発、セール情報、レビュー、Android のTips、ニュース等を発信しています

削除通知

平成27年 秋期 応用情報技術者 午前 問5

キーが小文字のアルファベット1文字(a, b, ..., z のいずれか)であるデータを、大きさが10のハッシュ表に格納する。ハッシュ関数として、アルファベットのASCIIコードを10進表記法で表した (...続く)

平成27年 秋期 応用情報技術者 午前 問9

複数のデータに対して1個の命令で同一の操作を同時並列に行う方式で、マルチメディアデータなどを扱うCPUに採用されているものはどれか。 MIMD MISD SIMD SISD解法MIMDMIM (...続く)

平成27年 秋期 応用情報技術者 午前 問17

デマンドページング方式による仮想記憶の利点はどれか。 実際にアクセスが行われたときにだけ主記憶にロードするので、無駄なページをロードしなくて済む。 主記憶に対する仮想記憶の容量比を大きくするほど (...続く)

平成27年 秋期 応用情報技術者 午前 問23

ワンチップマイコンにおける内部クロック発生器のブロック図を示す。15MHzの発振器と、内部のPLL1、PLL2及び分周器の組合せでCPUに240MHz、シリアル通信(SIO)に115kHzのクロック信 (...続く)

平成27年 秋期 応用情報技術者 午前 問24

コードの値からデータの対象物が連想できるものはどれか。 シーケンスコード デシマルコード ニモニックコード ブロックコード解法ニーモニックコードにーもにっくこーど 【ニーモニックコード】 m (...続く)

平成28年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問19

分散処理システムにおける障害透明性(透過性)の説明として、適切なものはどれか。 管理者が、システム全体の状況を常に把握でき、システムを構成する個々のコンピュータで起きた生涯をリアルタイムに知ること (...続く)

平成28年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問20

グラフは、ある非修理系の製品の、時刻0から時刻 $t$ までの間の累積故障率(全製品数を分母として、時刻0から時刻 $t$ までに故障した製品数を分子とした割合)を示したものである。時刻0付近のグラフ (...続く)

平成28年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問21

システム障害発生時には、データベースの整合性を保ち、かつ、最新のデータベース状態に復旧する必要がある。このために、DBMSがトランザクションのコミット処理完了とみなすタイミングとして、適切なものはどれ (...続く)

平成28年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問22

磁気ディスク装置や磁気テープ装置などの外部記憶装置を、通常のLANとは別の高速なネットワークで構成する方式はどれか。 DAFS DAS NAS SAN解法NAS くらいしか使ったことないわ。 (...続く)

平成28年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問24

安全な Web アプリケーションの作り方について、攻撃と対策の適切な組合せはどれか。 攻撃 対策 ア SQL インジェクション SQL 文の組み立て (...続く)

平成28年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問25

無線 LAN のセキュリティ方式として WPA2 を選択するとき、利用される暗号化アルゴリズムはどれか。 AES ECC RC4 RSA解法正解は ア

平成28年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問7

プログラムの構造化設計におけるモジュール分割技法の説明のうち、適切なものはどれか。 STS分割は、プログラムをデータの流れに着目して分割する技法であり、入力データの処理、入力から出力への変換及び出 (...続く)

平成28年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問8

JIS X 25010:2013 におけるシステムの利用時の品質特性の一つである、効率性の説明はどれか。 製品又はシステムが、経済状況、人間の生活又は環境に対する潜在的なリスクを緩和する度合い (...続く)

平成28年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問9

組込みシステムの開発におけるソースコードの品質向上のために、C言語のコーディング規則をまとめたものはどれか。 CSS GCC MISRA-C SystemC解法ア イ は違うことがわかる。そ (...続く)

平成28年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問10

ブラックボックステストのテストデータの作成方法のうち、最も適切なものはどれか。 稼動中のシステムから実データを無作為に抽出し、テストデータを作成する。 機能仕様から同値クラスや限界値を識別し、テ (...続く)

平成28年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問11

エラー埋込み法では、検出したエラー数を測定することによって、その時点での埋込みエラー数を除いた潜在エラー数 $T$ を測定することができる。$T$ を求める次の計算式の変数 $A$、$B$、$C$ に (...続く)

平成28年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問12

全国に分散しているシステムの保守に関する記述のうち、適切なものはどれか。 故障発生時に遠隔保守を実施することによって駆付け時間が不要になり、MTBFは長くなる。 故障発生時に行う臨時保守によって (...続く)

平成28年 秋期 システムアーキテクト 午前Ⅱ 問13

ユースケース駆動開発の利点はどれか。 開発を反復するので、新しい要求やビジネス目標の変化に柔軟に対応しやすい。 開発を反復するので、リスクが高い部分に対して初期段階で対処しやすく、プロジェクト全 (...続く)