FeedPing

歴史タイムス ~ 古今東西歴史遺跡化石ニュース

日本や世界の歴史関連のニュースをメディアから抽出し、2行にまとめてお届けします。

PINGが送信された記事一覧 (全2,174件)
    • 平安京(京都市南区)

       平安京左京九条三坊八町跡で鎌倉時代前期の建物跡やガラス玉が発見された。 末法思想の影響を受けて貴族が邸宅内に建てて仏像を安置した「持仏堂」か、倉庫の可能性が高く、京都市考古資料館(上京区)で7月22 (...続く)

    • 四天王寺大(大阪府羽曳野市)

       空海の真筆とみられる「和韻詩」から直接写し取った可能性が高い江戸時代中期の拓本が四天王寺大で発見された。 和韻詩とは、弘仁五年(814)に綿をもらった礼として嵯峨天皇に宛てた詩で、どこかに本物がある (...続く)

    • 安宅本城(和歌山県白浜町)

       中世に活躍した熊野水軍安宅(あたぎ)氏の本拠地「安宅本城跡」で中世の建物跡や中国製陶磁器、鉛製の鉄砲玉などが発見された。 23日午後1時から現地説明会があるという。[毎日新聞]※新発見以外の歴史ニュ (...続く)

    • 2億4500万年前の結核の痕跡を発見(ポーランド)

       ゴゴリンで発見された2億4500万年前に生息していた海生爬虫(はちゅう)類の骨から結核の痕跡が発見された。 群れで生活していたのか単独で生活していたのかなども含め何も分からないため、どのようにして感 (...続く)

    • 米国立公文書記録管理局(アメリカ)

       1959年6月30日に死者18名負傷者200名超を出した米軍ジェット機宮森小(沖縄県うるま市)墜落事故で負傷した児童らの治療過程を収めた写真が、米国立公文書記録管理局(NARA)の資料から新たに発見 (...続く)

    • 昭和時代の酒蔵の絵を発見(福岡県うきは市)

       昭和時代初期とみられる旧吉井町(現うきは市)の酒蔵を描いた絵画の複製が発見された。 24×37cmで、右下に「銘酒萬力 醸造元松田本店」と記されているという。[西日本新聞]

    • 足利義昭の手紙を発見(東京都)

       室町幕府最後の将軍・足利義昭が北畠具房(織田信長の次男信雄の義父)に宛てた手紙が寄託資料から発見された。 信長に追放された後の天正四年(1576)九月九日付とみられ、「京都へ戻るため毛利輝元と相談し (...続く)

    • 吉田博の作品を発見(兵庫県相生市)

       近代風景画の第一人者として明治~昭和時代に活躍した吉田博が戦中に播磨造船所で描いた油彩画15点がIHI相生事業所などで発見された。 新船の建造風景や学徒動員の少年少女などを克明に描いており、6月21 (...続く)

    • 若宮ノ東遺跡(高知県南国市)

       篠原の若宮ノ東遺跡で飛鳥時代(7世紀後半)の掘立柱建物跡とみられる柱穴18個などが発見された。 建物の規模は21×6m、評衙(ひょうが)の跡とみられ、本日午前10時から現地説明会があるという。[読売 (...続く)

    • ビミナツィウム(セルビア)

       ベオグラード近郊の古代ローマ都市ビミナツィウムで未盗掘の石棺と金銀で装飾された遺骨2体が発見された。 長身の中年男性とやせた若い女性のもので、男性の周囲にはベルトや靴があり、女性の方は洗練された香水 (...続く)

    • 円明園(中国・北京市)

       海淀区で発見された石像4点が、1856年のアロー戦争で英仏連合軍に破壊された円明園の遺物である可能性が出てきた。 石の材質は「漢白玉」と呼ばれる純白の大理石で、想像上の動物であるチーの像だという。[ (...続く)

    • メガキレラ(イタリア)

       アルプスで発見された古生代ペルム紀(約2億4000万年前)に生息していたアルプスで発見された化石が最古のトカゲ祖先だったことがわかった。 有鱗目は「ペルム紀末大量絶滅」が起きた約2億5200万年前に (...続く)

    • 西平内Ⅰ遺跡(岩手県洋野町)

       西平内Ⅰ遺跡で縄文時代後期の環状列石の一部とみられる弧状の石列や竪穴住居跡、縄文土器などが発見された。 環状列石は直径25m超とみられ、三陸沿岸部における同時代の大規模なものは珍しいという。[デーリ (...続く)

    • 中間起工式廼歌の歌詞を発見

       明治三十一年(1898)に紀和鉄道が和歌山初の鉄道として和歌山駅(現JR紀和駅)~船戸駅間で開通したのを記念し作られた「中間起工式廼歌(ちゅうかんきこうしきのうた)」の歌詞が発見された。 鉄道唱歌の (...続く)

    • 明代の皇帝の命令書を発見(中国・河北省)

       南宮市紫塚鎮で明代、成化年間(1456~1487)の聖旨(皇帝の命令書)が発見された。 保存状態は良好だという。[新華社・AFP]

    • 大沼城?(岐阜県高山市)

       丹生川町大沼で古銭1320枚が発見された。 中国から流入した「永楽通宝」「元通通宝」などで、室町~戦国時代に、万一に備えてかめなどに入れて埋めた「備蓄銭」とみられるという。[岐阜新聞]

    • 姉川地震の史料を発見(滋賀県長浜市)

       明治四十二年(1909)八月十四日に滋賀県長浜市などに甚大な被害をもたらした「姉川地震」を元神照村村長・国友藤平が記録した「震災日誌」が国友町の旧家で発見された。 住民が残した震災の記録は珍しいとい (...続く)

    • 下大賀遺跡(茨城県那珂市)

       下大賀遺跡で古墳時代後期(6世紀後半)の古墳や副葬品の直刀3点や勾玉などが発見された。 地域で力を持った有力者が埋葬されていたとみられ、17日午前10時から現地説明会があるという。[茨城新聞]※新発 (...続く)

    • ワンチャコの遺跡(ペルー)

       トルヒーヨ沿岸部のワンチャコで、チムー王国時代(約550年前)に生贄(いけにえ)にされたとみられるの子供の遺骨56体が発見された。 ワンチャキートで見つかった遺骨と同じように、胸骨への切り込みで肋骨 (...続く)