FeedPing

女医・藪デスヨの診察室 からPINGが送信された記事一覧 (全12件)

    • パーキンソン病?

       毎度久しぶりに患者が来た。 近所のスケベジジイがやって来て症状を語った。「金髪のネーチャンを見ると、ついついついてっちゃうんですよ」 私は診断した。「『パツキン沿う病』ですね。お薬出しておきまし (...続く)

    • あの名作

       久しぶりに患者が来た。 近所の大造という老人だった。 大造は症状を語った。「最近、調子が悪いんですが」 私は診断した。「『大造じいさんと癌』ですね。お薬出しておきましょう」  

    • やばい患者

       久しぶりに患者が来た。 やばそうな兄ちゃんだった。 やばそうな兄ちゃんが私に言った。「あんた、ヤブって言われているけど、今までいったい何人殺してきたんだい?」 私は教えてあげた。「殺してないわよ (...続く)

    • 熱中症みたいな

       久しぶりに患者が来た。 近所のおばさんだった。「ナッツを食べ過ぎたら熱中症みたいな症状になったんだけど、どういうこと?」 私は診断した。「『ナッツー症』ですね。お薬出しておきましょう」

    • 今度こそ熱中症みたいな

       妙齢の奥さんがやってきた。「こう毎日毎日暑いとキスしたくてたまらなくなるんですよ~」 私は診断した。「『熱チュー症』ですね。お薬出しておきましょう」 

    • ジカ熱みたいな

       近所の奥さんがやってきた。「リオから帰ってきたから、なぜか地下鉄が大好きになっちゃったんですよ」 私は診断した。「『チカ熱』ですね。お薬出しておきましょう」 

    • 韓国伝来の

       近所の奥さんがやってきて語った。「最近、何者かに操られているような感じで落ち着かないんですよ」 私は診断した。「『パニックネ症候群』ですね。お薬出しておきましょう」 

    • 患者?

       今年はじめて患者さんが来たかと思ってドアを開けてあげた。 すると、患者さんかと思った人は、こう言った。「民生委員です。いつも電気が消えてますけど、生きてますか?」 

    • 患者??

       今年はじめて患者さんが来たかと思ってドアを開けてあげた。 いたのは近所の万屋の奥さんだった。 奥さんは言った。「うち、もう1ヶ月もお客が来ないんですよー」 私は勝ち誇って言った。「うちなんかもう (...続く)

    • 脳梗塞?

       五か月ぶりに客の気配がした。「いらっしゃーい」 患者らしい近所のオッサンだった。 近所のオッサンは症状を語った。「オレ、渋滞に巻き込まれるのが嫌で、高速道路を走りたくないんですよー。これって病気 (...続く)

    • きったない100円玉

       スーパーのお釣りに、きったない100円玉が交じっていた。 自動販売機缶ジュースを買って処分しようとしたところ、お釣りとしてもっときったない10円玉が何枚か出てきた。