FeedPing

自然と文明の狭間で

~ 伊豆下田の山奥に引きこもり自給自足生活をする阿呆の雑記録 ~

PINGが送信された記事一覧 (全328件)
    • 定点採景(2022晩秋)

      傾斜地3段目から臨む、我が家とその周りの耕作地概観。 ⇨ 定点採景一覧へ※以下おまけ写真:

    • あんのういも

      世の中には甘味となると目の色を変える人達がいる。私も甘い物がけして嫌いではないが、その人達と比べるなら甘党とはほど遠い。ある栽培家が動画で「サツマイモを育てているが、甘い品種はたくさんは食べられない。 (...続く)

    • えだまめ

      毎年毎年もう止めようと思いながら、ついつい他の種と一緒に手配してしまい、なんやかんやで栽培が続いているエダマメ。それなりに手を掛け、場所を割いて育てても、それに見合った収量がなかなか得られない。全くダ (...続く)

    • 定点採景(2022夏)

      傾斜地3段目から臨む、我が家とその周りの耕作地概観。 ⇨ 定点採景一覧へ※以下おまけ写真:

    • 森の妖怪(23匹目)

      その妖怪は一瞬の隙を突いて腕に巻き付き、私の攻撃をかわした。 ⇨ 森の妖怪一覧へ

    • じゃんぼにんにく

      興味深い種子をネットショップで見つけると、栽培を試したくなってついついポチッと購入ボタンを押してしまう(勿論希少で高価な物は買わないけどね)。小さい種子ならば郵送して貰っても送料は僅かだし、まとめて買 (...続く)

    • うめ

      夏ばたけの隅にあるウメの樹は過去のオーナーが残していった物だが、ここ数年で急に大きく枝を張るようになった。葉も花もない冬季にかなり大胆に剪定するのだが、勢いが強く一年経つとまた元のような繁茂状態になる (...続く)

    • 哀愁の欠片24

      いきなり転じた猛暑で一気に葉焼けてしまったビワの木。しかしそんなことは織込み済みであるかのように若葉を芽吹かせているところは逞しい。 ⇨ 哀愁の欠片一覧へ

    • あかそらまめ

      2~3週間に一度の買い出しの帰り、時々立ち寄るのが地元農産物の直売所。野菜は自家製でほぼまかなえているし、逆に販売しようとも思っていないのでおよそ縁遠くなりそうなものだが、その時季に生産者がどんなもの (...続く)

    • ゆすらうめ

      ホームセンターや園芸店で売られているのをよく見かけるので、ユスラウメ(梅桃)の苗木を入手するのは難しくないだろう。私が現在地に移住した際に持ち込んだ樹木苗の中にもそれは含まれていた。当初は栽培エリアの (...続く)

    • あおすじあげは

      蝶の中でも特にアゲハチョウの類は艶やかな色彩の翅に存在感がある。昔から気晴らしに里山を歩くとしばしば出くわすその蝶は、比較的シンプルで落ち着いた翅模様なのだが、清涼感のある鮮明な水色光沢が見る者を強烈 (...続く)

    • かけや

      ある日、当地裏手にある林道を倒木が塞いでいた。数日風が強い日が続いたからそのせいだ。樹木にはさほど詳しくないが、薪狩りの際によく見かける種類なので材の特徴は経験的に把握している。自分で調べた限りでは、 (...続く)

    • まーしゅ

      このヨーロッパ原産の野菜はこの国ではいくつかの名前で呼ばれているのだが、英語由来の「コーンサラダ」という名前を使えば「トウモロコシの入ったサラダ」と誤解する人の方が多いだろう。だから私はフランス語由来 (...続く)

    • 哀愁の欠片23

      ぬかるみに一つ、侵入者の足跡。 ⇨ 哀愁の欠片一覧へ

    • 新茶2022

      だらだらと長く引きずった寒さのせいで、今年の新茶葉の生育は著しく遅れていた。販売するわけではないので収穫時期が遅れたところで困るわけではないのだが(むしろそれなら有難いぐらいだが)、一年の自家消費分を (...続く)

    • 定点採景(2022春)

      傾斜地3段目から臨む、我が家とその周りの耕作地概観。 ⇨ 定点採景一覧へ※以下おまけ写真:

    • このブログの関連タグ

      [autumn] [sweet potato] [] [スイーツ] [安納芋] [サツマイモ] [薩摩芋] [] [根菜] [green soybeans] [edamame] [エダマメ] [枝豆] [弱肉強食] [唐辛子] [カボチャ] [サトイモ] [monster] [apparition] [specter]