FeedPing

電験三種過去問と基礎解説|丸山60点で合格ブログ

電験三種に合格するためのセオリーはまず理論です。私の講座で習得できます。その中の電験三種計算では分数と指数計算を一番多用しますので、私の計算の流れを意識して見てください。_何の資格、技術もない人には今の社会では未来がない。電験三種はあの一流ビルや工場電気スタッフを目指せる資格です。

PINGが送信された記事一覧 (全13件)
    • 電験三種過去問 共振回路計算問題

      ぜひクリック支援願います。1/(2π√LC)の周波数を加えるとコンデンサーの容量性リアクタンスとコイルの誘導性リアクタンスが同じになります。直列回路ではあの黄金公式に入れたらリアクタンスは消滅してこの (...続く)

    • 電験三種理論基礎_PART1

      このたび実務ブログにあった電験三種の部分を分けました。電験三種過去問題をするにしても基礎的な事が理解できてないと物事は順調にはできません。そこで基礎的な事についての最初のPART1です。できるだけ途中 (...続く)

    • 電験三種理論基礎_PART2

      PART1に続き今回は項目16~30の電験三種理論基礎説明です。実際の電験三種問題も使い可能な限り途中式は省略していません。 16.単相交流の基本特性力率0.5で抵抗分電流が6Aではこう計算したらta (...続く)

    • 電験三種理論基礎_PART4

      PART3に続き今回は項目41~50の電験三種理論基礎説明です。実際の電験三種問題も使い可能な限り途中式は省略していません。41.問われてる事がわかり難い問題会社の方からこの問題がどうしてもわからない (...続く)

    • 電験三種理論基礎_PART5

      PART4に続き今回は項目51~60の電験三種理論基礎説明です。実際の電験三種問題も使い可能な限り途中式は省略していません。これから電験三種の方がいきなりここからは無理です。サイドバーからPART1よ (...続く)

    • 電験三種理論 過去厳選問題PART1

      ★このページはH22~H25年分問題で作成しています★過去問題を学習するに当たり力率や回路計算の基本を再度確認されてください。力率0.5で抵抗分電流が6Aではこう計算したらtanθでも無効分やリアクタ (...続く)

    • 電験三種理論 過去厳選問題PART2

      ★このページはH26~H28年分問題で作成しています★H26年度電験三種過去問_理論問6全体抵抗RTを求めたらR1とR2の並列部分の合成抵抗を知る、I2に流れる電流は10mAの2/3が流れるのですから (...続く)

    • 電験三種理論 過去厳選問題PART3

      市販模範解答は印刷都合、相応の知識がある人が読む前提の執筆のため、電験三種で30点程度しか取れない方には難しいのです。ただ70点を目指す学習の60点合格でもいいわけで、今回過去問から出題頻度の高い問題 (...続く)

    • 電験三種過去問 H22年以前PART1

      電験三種過去問 H22年以前PART1の1/2記事ですNo.1瞬時式Imsin(ωt+θ)で表す、ω=2πf、50Hzだからωは100πfそうなると答えは3~5のどれか、電圧波形の最大値は100√2だ (...続く)

    • 電験三種過去問 H22年以前PART2

      確実に理論科目習得のため、H22年より古い電験三種過去問。アレンジされて同様な出題の可能性ある問題を選びました。 模範解答とは違う私の解法を紹介します。今回と前で20問ですがぜひ貴方もチャレンジ、 (...続く)

    • 電験三種過去問 共通電圧に関する問題

      基礎と過去問のページは右サイドにあります。ここではそこをベースに記事を書いてます。まず以下の問題ですがはA問題で時々出題されます。どういう方法でも構わないのですが試験という関係状、私はミルマンの定理で (...続く)

    • 電験三種過去問 定番直流回路問題

      ぜひクリック支援願います。基礎と過去問のページは右サイドにあります。ここではそこをベースに記事を書いてます。過去問題を見ていてこの形の回路問題を数回見ました。これ絶対に電験三種の問題を作成してる人が好 (...続く)

    • このブログの関連タグ

      [電験三種理論] [電験三種過去問]